2022-11-15

熊本の歩き方

日本の街は驚きに満ち溢れている.だが,熊本ほど我々の常識を凌駕する街は他にはないだろう.

とある目的でこの街にやってきた男の一部始終を語る.

 

 

 

 

1031日,天空を舞う飛行機という名の鳥に乗って,夜の帳とともに熊本へ降り立つ.

街では仮装した人々が練り歩く.ハロウィンの文化は東京と変わらないようだ.

しばらくバスに揺られて,ホテルに到着した.

〇〇〇〇〇〇ホテル,これが彼の拠点らしい.

 

 

 

 

8時,熊本は11月最初の朝を静かに迎えていた.

彼は眠い目を擦りながら,花壇に目をやる.

人一人見当たらない早朝の熊本は,彼に新たな冒険の始まりを告げる.

 

 

 

 

初めての街並みを堪能した彼は,気づけばラーメン屋の椅子に座っていた.

どうやらこの街ではラーメンが有名らしい.

早速一口食べてみる.

麺とともに口に広がるのは,柔らかな豚骨の味わい.木耳や海苔も中々のものだ.
普段から時々ラーメンを食べるが,やはりコクが違うようだ.

彼は後に多くの友人に熊本ラーメンのおいしさを語ったという.

 

 

 

 

この街に一際目立つ建物がある.

熊本城,400年以上前に築かれた城だ.

高い石垣にそびえ立つ天守閣,その瓦屋根は美しい曲線を描く.

工学と美学,二つの秩序が生み出したこの趣深い建物は,
戦国時代に名を馳せた築城の名手,加藤清正がこの世に残した歴史の形見と言えるだろう.

 

男は加藤清正に敬礼し,熊本城を後にした.

 

 

 

 

夜の熊本は,昼とはまた違う雰囲気を醸し出す.

居酒屋が立ち並ぶどこかノスタルジックな商店街は,
彼にジブリの世界に迷い込んだと錯覚させる.

様々な焼き鳥を味わい,その日の疲れを癒す.

彼が心にしまい込んだもう一人の自分が,彼に語りかける.

 

「旅先の醍醐味は居酒屋の二軒目だ.」

 

 

心のままに立ち寄った二軒目,最初の注文は馬刺し.

熊本では,馬を刺身にして食べる文化があるようだ.

おいしい.男はこの一言にすべての思いを込めた.

 

次に注文したのは辛子蓮根.

おいしい.男はこの一言にすべての思いを込めた.

 

 

 

 

初めて見る生き物がいた.

眉一つ動かさず,我々に理解されることを拒むかのように,こちらを見ていた.

カメラを構えても逃げない.人には慣れているようだ.

その生命体は語り出した.

 

「ムオォォォン,ム,ムォン,クマ゛ム゛ウウオオオオオォン!」

 

我々の理解を超える言葉で何かを伝えようとしている.

それの生態はまだよく分かっていない.その貼り付けた黒い笑顔の奥は誰も知らない.

 

ただ一つだけ分かったことがある.

人が「くまモン」と呼ぶそれは,どこからともなく現れて人を魅了する.

 

男は今でもその変わらない笑顔を思い出すという.

 

 

 

 

男が最後に訪れたのは阿蘇山.標高1592m,南北25kmの巨大なカルデラを擁する火山だ.

市街地から山麓へ車を走らせること1時間,目の前に滝が姿を現した.

 

鍋ヶ滝,9万年前の巨大噴火で出来たらしい.荘厳な光景は見る人の言葉を失わせる.

 

車で山を登り,辿り着いたのは大観峰(だいかんぼう).

ここは阿蘇カルデラの外輪山に位置し,阿蘇山の山並みを一望できる.

すすき野原の斜面の向こうに平原と山が見える.

阿蘇山,それは幾星霜の時を越えて煌めく大地の芸術だ.

 

 

馬がいた.

雄大な自然を目の当たりにし,彼は何を思う?

 

 

 

 

熊本を飛び立つ時間がやってくる.夕日とともに,熊本に別れを告げる.

雄大な自然と謎の生命体にもう一度出会える日は,来るのだろうか?


2022-11-11

学会参加報告 第66回宇宙科学技術連合講演会(宇科連66)

 

みなさんこんにちは

M1の田中です.

11/1~4に熊本城ホールで開催された第66回宇宙科学技術連合講演会に参加してきました.対面実施は実に3年ぶりだそうです

10/31に羽田空港から熊本空港へと飛び,そこからバスで熊本城ホールへと向かいました.熊本城ホールはかなり大きく,講演会場はAからRまでありました.入り口には早くもクリスマスツリーが飾られていました.会場にはかなり人が多く,企業が商品を展示しているブースもあり,中々賑わっていました.

 

空港の駐機場にとまっている飛行機

自動的に生成された説明屋内, 座る, 光, 男 が含まれている画像

自動的に生成された説明

 

自分の参加したポスター発表は,2日目にホール内の広場で行われました.発表時間の中で何人かの方に質問していただき,議論を交わすことができて充実した発表となりました.

最終日には電気推進の研究室の交流会に参加してきました.交流会では各研究室の紹介ポスターを貼りだすのですが,鷹尾研のポスターは見栄えが良かったためか,結構好評でした.(ほとんど先輩が過去に作ったものそのままだったのですが・・・) 交流会には20以上の研究室が参加しており,交流を通じていろんな情報交換ができました.

また,交流会の次年度幹事は毎年抽選で決めているようなのですが,我々は見事来年の副幹事を引きあてました.(後輩たち,頑張ってくれ・・・)

自分にとっては初めての学会発表でしたが,無事に終えることができました.今後も学会発表予定があるので,研究に励みたいと思います.

滞在最終日に,帰りの飛行機までの時間に少し熊本観光をしてきました.次回ブログに一緒に行った同期がその様子を書く予定です.乞うご期待!

2022-09-27

ほっかいどう

 

こんにちは、こんばんは。

M1の松川です。

9/12~16に札幌で開催されたTHE 22ND INTERNATIONAL VACUUM CONGRESS IVC-22(IVC)に参加してきました。

はじめての国際学会ということでとても緊張しましたが、良い経験になったと思います。

学会の様子は前回のブログで新宮さんがブログに書いていましたので、わたしは札幌での観光について書こうと思います。


札幌時計台

札幌駅からホテルに行く途中にありました。



さっぽろ羊ヶ丘展望台
札幌と言えばこのクラーク像でしょうか。いい天気でした。


食べ物も載せておきます。

味噌ラーメン
地元の友達におすすめしてもらったラーメンです。お寿司も食べました。


最後に映え写真を、、



今後も学会発表が控えているので頑張ります。